ラーメン・チャチャチャ!

主にラーメン屋食べ歩きとカップ麺のブログ。

カップ麺133杯目 サッポロ一番『サッポロ一番 7種の野菜 辛みそらーめん』

f:id:big_red:20171022232240j:plain

 

初級者にも優しい辛さ

 

f:id:big_red:20160520130758j:plain

<蓮華>
 秋の辛口ラッシュ延長戦! 19杯目はサッポロ一番です。こないだの明星チャルメラ辛口味噌と同じく、これまた定番シリーズ『サッポロ一番』の味噌ラーメンの辛口です。
茶々丸
 えー、見事なまでに検索がヒットしません(汗)。近所ではヨーカドーでのみ大々的に売られていたので、恐らくセブンアンドアイ限定だとは思うんですけど……。

 

f:id:big_red:20171022232454j:plain

 

f:id:big_red:20160520130745j:plain

<蓮華>
 それでは本日の一杯、『サッポロ一番 7種の野菜 辛みそらーめん』です。
茶々丸
 うん、これはもうラクに食べられますね。ベースが定番のサッポロ一番ということで、味噌でもそんなにコクや旨味があるタイプではないんですけど、その代わり舌に馴染む優しい味。ザクザクの野菜も嬉しい。辛いの苦手な人でも余裕でしょう。しなやかなノンフライ麺もスープによく絡みます。

 

満足度:B+(かなり美味い)

メーカー:サンヨー食品
価格:158円(税別)

カップ麺132杯目 エースコック『卍力スパイス・ラー麺』

f:id:big_red:20171021222132j:plain

 

スパイスが織り成す奥深いカレー風味

 

f:id:big_red:20160520130758j:plain
<蓮華>
 秋の辛口ラッシュ、いよいよ18杯目がやってきました。ここまで担々麺、台湾ラーメン辛味噌、ラー油と様々食べてきましたが、今回はスパイスラーメンです。
茶々丸
 18杯、いよいよ最後か……! 最後を飾るに相応しい、凶悪な雰囲気漂う商品ですね(汗)。ローソン限定商品ということで、辛激タンメントナリを思い出さずにはいられない。スパイスを前面に掲げてこられて、こりゃどんだけ激辛なのやら……。

f:id:big_red:20160520130851j:plain

<蓮華>
 スパイス・ラー麺卍力は東京都江戸川区西葛西にある有名店です。見た目カレーラーメンっぽいですが、カレーそのものではなくあくまでスパイスをきかせたラーメン。パクチーが山盛りで入ってるモノなんかも名物みたいです。

 

f:id:big_red:20171021222446j:plain

 

f:id:big_red:20160520130745j:plain

<蓮華>
 それでは本日の一杯、『卍力スパイス・ラー麺』です。
茶々丸
 ……あれっ。見た限りの印象では「これ一口で喉が死ぬな」という感じでしたが、これが意外にそこまで激辛ではないですね。もちろん間違いなく辛いんですけど、ドぎつい痛辛ではない。カレー風味のスープにスパイスの鋭さが加わって、より深くて複雑な味になってます。「ただ辛ければいい」という感じではないのが良くて、意外に満足できる味です。

f:id:big_red:20160520130955j:plain

<蓮華>
 むぅ~……多分これが一番強烈に辛いんだろうなと思って、最後にとっておいてたのに。
茶々丸
 何でちょっと不満げなんだよ(笑)。まぁとにかく、やっとこれで辛口ラッシュもフィニッシュしましたね。18日連続更新というのも恐らく自己最長ではないかと。この勢いに乗って、移転先ではちゃんと毎日更新し続けられるように――

f:id:big_red:20170806232753j:plain

<蓮華>
 あの、締めに入ってるとこすいませんけど。この更新期間中に新たに3杯追加されたので、秋の辛口ラッシュ延長戦になります。
茶々丸
 な ん だ と ! ?


満足度:B+(かなり美味い)

メーカー:エースコック(ローソン限定)
発売日:2017年8月

カップ麺131杯目 明星『チャルメラ 辛旨味噌』

f:id:big_red:20171020210555j:plain

 

辛くても素朴な味わい

 

f:id:big_red:20160520130758j:plain

<蓮華>
 秋の辛口ラッシュ17杯目。明星のロングセラーシリーズ『チャルメラ』からも辛口が登場しました。
茶々丸
 昔ながらのチャルメラも、最近はパッケージやCMに何か女の子が出てきて「チャルメニャ」とか言ってたり、何かリカちゃん人形みたいなのまで出てきたりで、今風っつーんですか……? こういうノリはちょっと苦手というか(汗)。

f:id:big_red:20160520131034j:plain

<蓮華>
 まぁ商品のテイストは変わってないと思いますけど。

 

f:id:big_red:20171020210845j:plain

 

f:id:big_red:20160520130745j:plain

<蓮華>
 それでは本日の一杯、『チャルメラ 辛旨味噌』です。
茶々丸
 ……うーむ! 低価格帯の小さな見た目に似合わず、結構ピリッと辛い。味噌をちょっと辛めにしただけかと思ったらラー油がきいてるのね。それでもベースはお馴染みのチャルメラで、野菜の風味もあってわりと素朴な味わいです。

 

満足度:B(まあまあ美味い)

メーカー:明星食品
発売日:2017年9月4日
価格:180円(税別)

カップ麺130杯目 日清『行列のできる店のラーメン 特濃系麻辣担々麺』

f:id:big_red:20171019214617j:plain

 

辛さも美味さも超強力

 

f:id:big_red:20160520130758j:plain

<蓮華>
 秋の辛口ラッシュもいよいよ大詰め。16杯目はラ王と双璧をなす日清の高価格帯カップ麺、『行列のできる店のラーメン』シリーズです。
茶々丸
 王者日清の商品はハズレがないのが当たり前みたいな感じですが、特にこのラ王と行列、あと麺ニッポンあたりは「新商品見たら反射的に買う」くらいの域に達してますね。

 

f:id:big_red:20171019214828j:plain

 

f:id:big_red:20160520130745j:plain

<蓮華>
 それでは本日の一杯、『行列のできる店のラーメン 特濃系麻辣担々麺』です。
茶々丸
 これまた辛いスープと別袋でねりごまが入ってるんですけど、量が半端ないのでかなりドロドロ感があります。そしてごまの風味だけでなく、燃える辛さ、痺れる辛さ、そして旨味、その全てが漏れなく強烈なパンチ力! 圧倒されるド迫力の一杯です。

f:id:big_red:20160520130837j:plain

<蓮華>
 ラ王はごまのまろやかさが優勢でしたけど、こっちは辛さの方もしっかり来てるんですねぇ。
茶々丸
 もう一口目からとんでもないインパクトで、しかもそれが食べ終わるまでずっと同じテンションで襲ってくる恐ろしさ! 食べ始めて速攻で胃は熱くなるし、もちろん汗は止まらないし、スープ飲むたびに喉が痛くて仕方ない……なのにグイグイ飲まずにいられない。これはホントに恐れ入った!


満足度:A+(もう二、三度食べたい)

メーカー:日清食品
発売日:2017年9月4日
価格:290円(税別)

カップ麺129杯目 日清『ラ王 芳醇コク担々麺』

f:id:big_red:20171018214850j:plain

 

胡麻香るクリーミー

 

f:id:big_red:20160520130758j:plain

<蓮華>
 秋の辛口ラッシュ15杯目です。今回は言わずと知れた高価格帯カップ麺の代名詞『ラ王』。この秋、担々麺を含むレギュラー商品6種がリニューアル発売しました。
茶々丸
 たまたまコンビニで初めて見かけて、新商品だと思ったから買ったんですけど……レギュラー商品だと分かってれば今すぐ買う必要もなかったのに(汗)。

f:id:big_red:20160520131034j:plain

<蓮華>
 でもレギュラー商品とは言っても、実際に通年で売ってる店が近くになければ、新商品と変わりないんじゃないですかね。

 

f:id:big_red:20171018215329j:plain

 

f:id:big_red:20160520130745j:plain

<蓮華>
 それでは本日の一杯、『ラ王 芳醇コク担々麺』です。
茶々丸
 液体スープと調味油が別袋で、液体スープの方は全部真っ白な胡麻。これはこだわりがありますねぇ。

f:id:big_red:20160520130823j:plain

<蓮華>
 ここまで妥協なく本格的にできるのも高価格帯ならではですね。
茶々丸
 たっぷりの胡麻の風味に豆乳も入ったクリーミーなスープはコクが抜群。元々担々麺は胡麻が強い商品が多いけど、これは特に。結構ピリッと来る辛さはありながらも、スープが包み込んで非常にまろやかな味わいです。この「辛くてまろやか」というのはなかなか他で見ないタイプで、これは辛くてもハマる味ですね。


満足度:A+(もう二、三度食べたい)

メーカー:日清食品
発売日:2017年9月11日(リニューアル)
価格:220円(税別)

カップ麺128杯目 日清『味仙 台湾ラーメン』

f:id:big_red:20171017235203j:plain

 

本家の本気

 

f:id:big_red:20160520130758j:plain

<蓮華>
 秋の辛口ラッシュ14杯目。名古屋のご当地激辛ラーメン台湾ラーメン』が登場です。
茶々丸
 今回は台湾ラーメン発祥の店と言われる、名古屋『味仙』の監修ということで、これはもうなんちゃって商品でない本格派の予感(汗)。

 

f:id:big_red:20171017235345j:plain

 

f:id:big_red:20160520130745j:plain

<蓮華>
 それでは本日の一杯、『味仙 台湾ラーメン』です。
茶々丸
 一口食べた瞬間から舌が痛い! 食べるごとに汗がドクドク吹き出し、手が震える。そして胃が熱い! 今度という今度はもう正真正銘の激辛です(泣)!

f:id:big_red:20170806232753j:plain

<蓮華>
 さすが本家、手加減なしですね。ピリ辛なんてレベルでは済ませない。
茶々丸
 それでもこのスープ、たっぷり唐辛子の向こうに豚の旨味とにんにくがきいてて、これは美味い。ああ辛い! 痛い! でもどんどん食わずにいられないッ!

f:id:big_red:20160520131051j:plain

<蓮華>
 沼にハマってきましたね(笑)。辛口を克服したとまでは言えなくても、こうやって真っ向から立ち向かえるようになっただけでも進歩あるんじゃないですか。
茶々丸
 あとこの麺もなかなかの美味さですね。最近はフライ麺でもストレートで歯切れのいいタイプが出てきました。……うぁーっ、もう最終的にはテーブルに汗がボタボタ落ちて、Tシャツも汗でベッタリ張り付いて、ホント疲れ果てました(笑)。

 

満足度:B(まあまあ美味い)

メーカー:日清食品ファミリーマート系列限定)
発売日:2017年9月5日
価格:200円(税別)

カップ麺127杯目 エースコック『勝浦タンタンメン』

f:id:big_red:20171016221657j:plain

 

キレッキレのラー油醤油スープ

 

f:id:big_red:20160520130758j:plain

<蓮華>
 秋の辛口ラッシュ13杯目。B-1グランプリで優勝したこともある、千葉県勝浦市のご当地ラーメンが登場です。
茶々丸
 カップ麺ではエースコックから2012年に初登場。もちろん辛いの苦手な私はスルーを決め込んでいましたが(汗)、それでもこの鮮烈な赤さは一度見たら忘れられないですね……。

 

f:id:big_red:20171016221920j:plain

 

f:id:big_red:20160520130745j:plain

<蓮華>
 それでは本日の一杯、『勝浦タンタンメン』です。
茶々丸
 担々麺といえば胡麻の風味が強いのがお馴染みですが、勝浦は胡麻を使っていません。醤油ベースに魚介などの出汁、そしてラー油がたっぷり入って、見た目に違わずガチで辛い(泣)! そして痛い(泣)!

f:id:big_red:20170806232753j:plain

<蓮華>
 いいですよいいですよ、辛口らしくなってきましたよぉ。
茶々丸
 胡麻系担々麺のようなジワッと広がるコクはなく、キレで勝負のタイプ。舌にビリッと来る鋭い切れ味です。しなやかなノンフライ麺との相性も抜群。具は増量した玉ねぎがメインですが、鶏のそぼろ肉とにんにくがイイ味を出してます。辛いの苦手なんで正直一度食べられればもう二度と食べたくないですけど(汗)、辛いの得意ならハマった味だろうなーという意味では好みです。

f:id:big_red:20160520131116j:plain

<蓮華>
 何とも複雑というか、妙に屈折した感想ですね。

 

満足度:B+(かなり美味い)

メーカー:エースコック
発売日:2016年7月18日
価格:230円(税別)